夢占い

遅れる夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】遅れる夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

夢占いにおいて遅れるという夢は凶夢であることが多いです。

遅れるという夢が象徴するものは、時間やチャンスに対する焦りです。逃してはいけないというような大事な予定やチャンスを意識して焦るあまり、本当に逃してしまうという危険性を示唆している夢と言えます。

なので、夢の中で何かに遅れたということは、現実世界でも本当に遅れたり逃してしまったりと未来への影響が生じる可能性があります。

このように、遅れる夢を見た時は「大事なものを焦るがあまり逃してしまう」という危険を暗示しているので、気を緩めずにものごとに取り組みましょう。

そうすれば例え大事な何かを逃したり逃しそうになっても、再チャレンジの可能性も生まれてくることでしょう。

遅れる夢を見る心理的な背景とは?

遅れる夢を見る人に共通して言えることは、責任感が強い人だということです。

隅々まできっちりしていないといけないと感じる人がこういった遅れる夢を見る傾向が強いです。

他には、大事な予定がとても気になってそわそわしている時も遅れる夢を見ることがあります。大事な予定に間に合わなかったらどうしようという焦りが背景にあるのです。

遅れてはいけないこと、または逃してはいけないことがある時に夢の中に反映され、未来に影響が及ぼされるとされています。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も遅れる夢を見る時は、今一度予定や周りを見直してみることをメッセージとして伝えてきています。

もしかしたら大事な予定を見落としているかもしれません。「今なら再チャレンジできる」と夢は語りかけているので、スケジュールなどを確認してみましょう。

また、遅れやチャンスを逃したりしてはいけないと思い詰めていることへの「思い詰めすぎて未来に影響が出る」というメッセージでもあります。

あまりに気を張りすぎると逆に上手く行かないこともあるので、リラックスを心がけましょう。

RELATED POST