動物占い

動物占いライオンの相性まとめ|気になる相手との関係がわかる!

ライオンと子守熊(コアラ)の相性

ライオンとコアラの組み合わせは、意見が衝突しがちなのでお互いが相手の良い所を見つける事が大事です。ライオンは、完璧主義で強いリーダーシップを発揮出来る傾向にあります。コアラは、慎重で計算高い特徴も持っていますが、行動に関しては楽しいという事を重視して物事を選択してしまう傾向があります。ライオンにとっては、コアラの行動が理解出来ない事もあるでしょう。そんな時は、ライオンからコアラに”楽しい”というキーワードを入れて「○○するともっと良くなるし、楽しいんじゃないの?」とアドバイスする事で良い関係性を作る事が出来ます。

ライオンと狼(オオカミ)の相性

ライオンとオオカミの組み合わせは、真面目な恋愛が出来ます。この2人の組み合わせは、意外にもライオンがオオカミに甘えるという関係性になります。それには、ライオンをオオカミがサポート出来るような関係性を作れると良いです。ライオンは、物事の中心にいて周囲を引っ張る事で力を発揮するリーダータイプです。オオカミは、手堅く真面目で相手を尊重するサポートタイプなのです。2人が出会ってから直ぐというのは難しいでしょうが、実績を積み重ねて徐々に関係を深める事によって良い関係と築けるでしょう。

ライオンと虎(トラ)の相性

ライオンとトラの組み合わせは、お互いが自然体でいられます。人間関係に限って言えば、ライオンは責任感が強いのですが独善的な傾向があります。トラは、面倒見が良く人間関係に関してはバランス重視派。2人の性格は反対ですが、それ故にお互いの欠点を補い合えます。ライオンの独善的な部分をバランス派のトラがサポートする事によって上手く組織が上手く回ります。以上の事より、ライオンとトラの組み合わせは、2人共自然体でいられる関係を築けるます。

ライオンと黒ひょうの相性

ライオンと黒ひょうの二人は、ウマが合いにくいが認め合えれば最高の相性です。
二人とも自分が中心になりたいリーダー気質ですが、タイプが違います。ライオンは百獣の王という名の通り正統派の王様タイプ。黒ひょうはクールでスマートなリーダータイプです。
二人ともプライドが高く周囲から持ち上げられることが大好きという点では似た者同士ではあるのに、何となくウマが合わない二人でもあります。
しかし似た者同士だからこそお互いを理解し合って本領発揮した時の力は素晴らしく、誰もが認める最高のパートナーシップを持った二人になれるでしょう。

ライオンと猿の相性

ライオンとサルの組み合わせは、息ぴったりの良きパートナーになれます。ライオンは、高い統率力と実行力を持っています。サルは、お調子者でにぎやかですが周囲への気配りを忘れません。2人の組み合わせは、ライオンが監督でサルがプレイヤーのような関係になるでしょう。サルはお調子者ですが、純粋な性格で周囲からの忠告等をしっかりと受け止める事が出来ます。ライオンもおだてに弱い面もあるので組み合わせとして悪くありません。以上の事より、2人は息ぴったりの良きパートナーになれます。

ライオンとペガサスの相性

束縛や戒律が嫌いで、こよなく自由を愛するペガサスと、縦横の関係や礼儀を大切にし、群れを乱さない誇り高いライオンとは、お互いのペースに合わせる歩み寄る努力が必要となります。時には1歩引き相手を受け入れる必要があって、最初の間仲良くするには、まさしく我慢と忍耐が必要です。けれど仲良くなってしまえば、欠点を補える組み合わせ。お互いの短所が見えて、その部分をフォローをし補い、尊重することで相乗効果が生まれるでしょう。

ライオンとひつじの相性

リーダーシップのあるライオンと、それを上手に支えるひつじは良好な関係です。何かと先頭に立って指導するライオンはひつじにとっては頼もしい存在であり、困った時には相談したくなります。一方で、ライオンもそんなひつじのためには世話を焼きたくなります。お互いに持ちつ持たれつなところがあるので、居心地の良さは抜群です。信頼しあえる唯一無二のパートナーとなり、仲も良いので絆が深まるのにはそう時間はかかりません。

ライオンとチーターの相性

ライオンとチーターの二人は、良い点を生かしあえる相性。
チーターの物事への取り組みの早さは群を抜いていますので、人の上に立つことの多いライオンはチーターの才能をいち早く見抜き、一目置いています。ただしその分あきらめが早く飽きっぽいのがチーターの欠点。一度あきらめると仕事も雑になりミスを連発、なんてことも。
そこにライオンのアメとムチを使い分ける卓越した指導力が介入することで、チーターのやる気を再び目覚めさせます。二人が存分にお互いの持ち味を発揮すれば、誰もが認める最強のパートナーシップが生まれるでしょう。

ライオンとたぬきの相性

ライオンとたぬきの二人は、ゴールインまでいきやすい相性。
抜群の指導力でリーダーシップを取ることの多いライオンですが、態度が尊大になりやすく敵を作りやすい傾向が。そこを後ろから支えてくれるのが、敵を作らない人柄で縁の下の力持ちタイプのたぬきです。
またライオンは恋愛になると意外に甘えん坊になるタイプ。そんなライオンをうまく甘やかしてあげられるのも、穏やかで人当たりがよく、実は器用にキャラを演じ分けられるたぬきならでは。
極めてバランスの取れた相性なので、ゴールインにたどり着きやすいと二人と言えます。

ライオンとゾウの相性

ライオンとゾウの二人は、お互いに競いあう関係に。そのためには1歩引くことが大事です。
抜群の統率力を持つ天性のリーダーであるライオンと、完璧主義者でコツコツ努力家、その仕事ぶりと人柄が認められリーダーを任されるゾウ。二人はタイプは違えど、ともに人の信頼を集め率いる才能を持っています。ただし二人ともこうと決めたら一歩も引かない頑固さを持っているので、衝突することもありそう。
良い関係を保つには、二人がお互いを認め合い一歩引いて相手を気遣うことです。そうすれば競い合いながらもお互いを高め合える素晴らしい関係が生まれるでしょう。

ライオンとこじかの相性

プライドが高くて人に弱みをけっして見せないライオン。一方、こじかは協調性を大切にするために孤立しやすいライオンを上手くサポートできる存在です。性質が違いすぎるため、お互いの性格に疑問を感じる事もありますが、こじかがライオンを持ち上げることで上手くいきやすい関係になります。そうすることによって能力と統率力のあるライオンはこじかを大切に思うようになり、何かにつけて助けてあげることに。時が経つにつれて良きパートナーとなるでしょう。

ライオンとライオンの相性

いつでも自分が一番であることが大好きなライオン。この気質同士の相性は、考え方が似ているものの、お互いに意見を曲げないために初めはぶつかり合う事が多いでしょう。ですから、この段階で喧嘩別れしてしまわないように注意が必要です。この時期さえ乗り越えてしまえばやがて時が経つにつれて、共感できるところや自然と波長が合うようになり、いずれは最高の理解者になりえる組み合わせです。理解を深める段階でお互いに尊重し合うことが大切です。

RELATED POST