動物占い

動物占いこじかの相性まとめ|気になる相手との関係がわかる!

こじかと子守熊(コアラ)の相性

こじかと子守熊の相性はお互いを理解するのに少し時間がかかるようです。 子守熊は一緒にいて楽しく過ごしてくれる人を好きになる傾向にあり、こじかの好きなこと、喜びそうなことを一生懸命にリサーチしてくれます。 こじかは人見しりでとても甘えん坊なところがあるので、自然と手を差し伸べてあげたくなるタイプですが、フットワークが軽快で好奇心旺盛に走り回ることが大好き。 子守熊の誠実でサービス精神旺盛な態度に徐々にこじかの心は惹かれ始めるでしょう。

こじかと狼(オオカミ)の相性

人見知りのこじかと孤独を好む狼(オオカミ)。すぐに仲良くなるのは、難しいかもしれません。大人な狼(オオカミ)のほうから歩みよることで、少しずつ関係を築いていくとよいでしょう。 臆病で神経質なところのあるこじかですが、心を開いた相手には天真爛漫な素顔を見せ始めます。一方の狼(オオカミ)も、自分を慕ってくれる相手をむげにはできない優しい性格。 甘え上手な末っ子タイプのこじかと、クールな長子タイプの狼(オオカミ)。一度仲良くなってしまえば、なかなか好相性の二人かもしれません。 ただ、親密になるほどワガママになるのが、こじかの注意すべきところ。自分のペースを乱されることを嫌う狼(オオカミ)は、少々うっとうしく感じてしまうかもしれません。ですが、そのワガママは「愛されているか不安」という、こじかの繊細さから来るもの。日頃から気持ちを伝え合うことができれば、良好な関係を維持できるでしょう。

こじかと虎(トラ)の相性

こじかと虎(トラ)の二人は、一度心を開き合えれば〇。
こじかは警戒心が強く人見知りですが、いったん警戒心が解けた相手に対してはとことん心を開きます。いっぽう面倒見がよい虎にとってはこじかは愛らしく放っては置けない存在。こじかも頼もしくて親切な虎に対して好意を持つでしょう。二人は一緒に居ると相手にとって自分が必要な存在と感じ、自己肯定感を高められる関係です。ただしこじかは仲良くなるとワガママが爆発しがちなところがあるので、虎が頼られ過ぎて疲れてしまわないよう適度な気遣いが必要でしょう。

こじかと黒ひょうの相性

コジカとクロヒョウの相性は、段階を踏んで仲良くなれる間柄です。 コジカの存在はクロヒョウにとっては無邪気で守ってあげたいと思える相手になります。しかし人見知りが激しくコジカは初対面の人とはうまく会話ができない性格ですので、まずはリーダーシップがとれるクロヒョウが優しく接してあげることが大切です。徐々に顔見知りになっていくと愛嬌のある可愛らしい笑顔をクロヒョウに見せてくれるでしょう。 一方でコジカは親しくなるとわがままになる傾向があるので、クロヒョウに対しても優しい言葉をかけてあげましょう。

こじかと猿の相性

こじかと猿は打ち解け合えればよい関係になれる相性です。 こじかは物事を慎重に考えるタイプですので、猿に急かされると自分の気持ちをまとめることができなくなってしまいます。しかし、いつも明るく楽しんでる活動的な猿をみていると、憧れを抱き、一緒に楽しみたいという気持ちが湧いてきます。 また、猿もこじかの臆病な気持ちを分かってあげると、こじかが警戒心をときリラックスして付き合うことが出来るようになるでしょう。

こじかとペガサスの相性

この二人の相性は、互いに認め合うことで分かり合える存在です。 コジカは臆病でとても警戒心が強いため、初めて会う人には特に慎重に物事を進めていくタイプです。またペガサスは天才肌な所があり、いつでも自由に飛び回りたいと考えるようです。そのため、コジカがペガサスを束縛することなく思いのままに行動させてあげることが必要です。 またペガサスもコジカの警戒心を解いてあげたり、不安な気持ちを察してあげることでうまくいく関係になるでしょう。

こじかとひつじの相性

コジカとヒツジの相性は、うまく打ち解け合えることで良縁になる関係です。 ヒツジはコジカのために行動したいと考える所があり、どんな些細なことでも相談に乗ってくれるので、不安に感じやすいコジカの心を和ませてくれる力があります。コジカは子煩悩なところがあり、愛情いっぱいなタイプのため良縁に恵まれやすく、結婚してからも仲の良い夫婦になれそうです。 また、二人の世界を作るのではなく、共通の友人を増やしていくことで、二人の気持ちがより結束していくでしょう。

こじかとチーターの相性

こじかとチーターのふたりは、磁石の両極のように引き合う良い相性です。 チーターは時折先走ることもありますが、その際にはこじかが待ったを掛けられる、良い関係となります。 こと恋愛面については受け身を取ってしまうこじかに対して、積極的に相手のもとへ踏み込んでいけるチーターは抜群の相手だといえるでしょう。 ですが、こじかが常に受け身ではお互いの思いがすれ違ってしまうこともあるでしょう。その時はチーターが踏み込んでくれることを待つばかりではなく、こじかからも一歩踏み出してしっかりと話し合うことが重要です。

こじかとたぬきの相性

穏やかなコジカと人懐っこいタヌキの関係は、いつでも相手をフォローし合える良好な相性です。 コジカはとても繊細な一面を持っているため人見知りが激しくなりがちです。しかしタヌキの駆け引きの出来ない純真さに打ち解けやすく、一緒にいて気を使わない相手になるでしょう。 また愛嬌があって真面目な恋愛を好み、面倒をみたいと思う気持ちが強いタヌキは、寂しがり屋のコジカの心をいつでも愛情いっぱいに包んでくれるでしょう。

こじかとゾウの相性

子鹿とゾウの二人は、子鹿の甘えたがりと包容力のあるゾウとて相性がよく素敵な関係が築けます。まるでパズルがぴったり合うかのように相性抜群です。子鹿は素直で自分を隠さずに甘えることができます。ゾウは持ち前の包容力と頼られることが好きなので甘えられるのは嫌いではありません。しかし甘えからわがままに変わってしまうとゾウも包容しきれないときがあります。甘えたわがままは違うということを子鹿が認識すれば素敵な関係をいつまでも続けることができるでしょう。

こじかとこじかの相性

こじかとこじかの二人は、人見知り同士だが、話し合えば仲良くなりやすい相性。
二人とも人間関係においては警戒心が強く臆病です。また寂しがり屋で甘えん坊なところもあります。
しかしそんな自分の性格も知っているこじか同士であれば、互いにわかり合い、愛し愛され寂しさを埋め合うことが出来るでしょう。
ただしそんな二人だけに関係が大きく進展することなく、慣れ合うとワガママが爆発するこじかの短所がお互い目に付いて冷めてしまう可能性も。良い関係を長く続けるにはお互い依存しすぎず適度な距離を保つのが良いでしょう。

こじかとライオンの相性

こじかとライオンの相性はこじかの警戒心が強いため、時間をかけて関係を築けると良い方向に進むでしょう。 ライオンはいつも主導権をにぎりたいと考えているので、こじかはすこし臆病になりがちですが、ライオンはとても繊細な部分まで気を使えるタイプなので,その大きな愛に気づいた時、幸せに包まれている安心感を得られます。 こじかが心を開くことでライオンは守りたい、支えたいという感情を強く持つようになり、お互いを必要な存在と感じるようになるでしょう。

RELATED POST