夢占い

昔好きだった人の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】昔好きだった人は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

昔好きだった人が現れる夢は、今後の恋愛がうまくいくことを暗示しています。昔好きだった人が夢に現れるということは、過去の恋愛に見切りをつけ新たな恋愛へと進んでいることを意味するのです。過去の恋愛における失敗や過ちを次に活かすことができるからこそ、次の恋愛がうまくいくということです。

一方、過去の恋愛が終わったことを受け入れられていないがために、その人物が夢に投影されているという解釈もあります。夢には感情の処理という役割があり、脳が処理しきれなかった感情を整理していると言われます。心のどこかに残っている好きだった人への気持ちを清算しているのです。いずれにせよ、恋愛に対して前向きな姿勢が反映されています。

ただし、なかには今の恋人に対する不満の表れからこのような夢を見ることもあるので注意しましょう。

昔好きだった人の夢を見る心理的な背景とは?

昔好きだった人の夢を見る人は、恋愛に対して前向きになれている人です。また、過去の恋愛から学ぶことができ、新たな恋愛に活かすことができる人です。「昔は良かった」そんな風に感じることも時にはあるかもしれませんが、基本的には未来に対してポジティブで、単に昔を懐かしんでいるだけだと考えれられます。

過去の楽しかった思い出や辛かった経験も全て受け入れようという、充実した心理的背景がこの夢からは伺えます。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も昔好きだった人の夢を見る場合は、これまでの前向きな解釈とは少し異なります。

この場合は、好きだった人に対する強い思いや後悔の気持ちが大きく表れていることを意味しています。昔好きだった人はあなたにとって非常に大切な人だったのでしょう。取り戻すことができない過去に対して、あなたが執着していることがわかります。

ネガティブな感情が先行しているので、運気も停滞気味です。何度も昔好きだった人が夢に現れるのであれば、ゆっくりと過去を見つめ直す時間が必要かもしれません。

RELATED POST