夢占い

虫歯の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】虫歯は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

虫歯の夢は、対人関係を象徴する夢です。対人関係においてトラブルや問題が起こることを暗示しています。虫歯ができる歯は口のなかにあることから、虫歯の夢はコミュニケーションと大きな関わりがあるということなのです。それは、「噛み砕く」という表現があることからもわかります。

そんな歯が虫歯になる夢は、大抵の場合コミュニケーション上での警告を意味しています。この夢を見たら、言動には充分注意した方がいいでしょう。

また、虫歯は痛みを発することから体の不調を暗示する場合もあります。虫歯のように放っておくと悪化してしまう可能性があるので、万が一気がかりなことがあれば、しっかりと原因を突き詰めておくようにしましょう。

虫歯の夢を見る心理的な背景とは?

虫歯の夢を見る人は、対人関係において不安を抱えている人が多いです。トラブルが発生することを心配する心理背景や、対人関係における悩みから虫歯の夢が現れていると考えられます。日常で、コミュニケーションがうまく取れずにもどかしさを感じることが多い人とも言えるかもしれません。

ただし、虫歯が快方に向かうイメージの夢を見た人は、こじれていた人間関係の修復を望む気持ちなど、人との関わりを求める心理背景があることもあります。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

虫歯の夢を何度も見るときは、対人関係において大きなトラブルが発生する前触れです。もしくは、対人トラブルが立て続けに起こることや、対人トラブルが長引くことが予想されます。

コミュニケーションにおける警告を意味する夢を何度も見るのですから、言動には細心の注意を払いましょう。何気ない一言がきっかけで、思わぬトラブルに発展することも充分に有り得ます。壊れた人間関係は取り返しがつかないことも。「ついうっかり」では済ませられませんよ。

RELATED POST