夢占い

同級生の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】同級生は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

なつかしい同級生が登場する夢は、【修復】したい人間関係が存在することを意味する凶夢。

修復とは、以前のよかった状態に戻すことです。たとえば、誰かと関係を修復したいと望むのは「なぜ、こうなってしまったのだろう」と不満のある付き合いを現在している暗示。

ただし、ただ怯えて立ち止まっているわけではありません。人間関係の改善を望み、修復したいと考えるのは前向きな気持ちがある証です。

さらに夢のなかの同級生は、自分の「人との付き合い方」で気にしているところを映し出しています。

自分に自覚があるかは関係なく、弱点やコンプレックス、あるいは自分自身が理想とする付き合い方が同級生の姿を借りて表現されているのです。

この夢から学べることは多くあります。自分を知ることで、抱える問題の修復に役立つことを潜在意識が伝えているといえるでしょう。

同級生の夢を見る心理的な背景とは?

「このタイミングで、なぜあの人が?」と思える、関わりの少ない同級生がふいに夢に出てくることは珍しくありません。

そのとき出てくる人物が誰なのかは重要ではないのです。それは、同級生があらわすのが「自分自身の心」だからといえます。

そのうえで、同級生の夢を見たのは、現実世界で集団生活に自分がうまく馴染めていないと気にしているあらわれといえるでしょう。

また、もっと肩の力を抜いてラフな人付き合いをしたいという願望が心に潜んでいる暗示。

いずれにしても、周囲の目や、世間の暗黙のルールのような「型」に縛られすぎていることを夢が伝えています。

まずは、他人ではなく自分にフォーカスしてみるとよいでしょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

くりかえして何度も同じ夢をみてしまうのは、そこに大きな意味があるということです。

同級生の夢をくりかえすのは、日常で対人面に不満があり、いつまでも変わらない状況に疲れているの証拠といえます。

また、自宅と職場を往復する日々が習慣化されたことで、小さな世界にいることが「当たり前」となっていることを夢が警告。

つまり「いつもの環境」にとらわれ過ぎて視野が狭まっていて、それを理由に負担を感じている自分を潜在意識が心配しているのです。

広い視野を取り戻すためにも、新しい景色をみにいったり、最近会ってない人に会ってみるとよいでしょう。

RELATED POST