夢占い

忘れ物の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】忘れ物は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

忘れ物の夢は【注意喚起】を意味する警告夢。自身の見落としから失敗してしまう可能性があることを伝えています。

そもそも夢の中の忘れ物は、自分自身が潜在意識で気がかりになっているものを指しています。

たとえば、すでに完了した仕事、恋人にとった言動、友人の誘いを断った際の自分の態度など。

自分が関わった過去の行いに対して「失敗したかもしれない」と気がかりになっていることです。

そのうえで夢は「見落としていることがないか」と、注意をうながしています。思い当たることがあれば、修正可能であるかを確認するとよいでしょう。

このように、警告夢の意味を正確に受け取り対処することで、トラブルを事前に回避することができるのです。

忘れ物の夢を見る心理的な背景とは?

忘れ物の夢を見るのは、今現在に心配事があることを示唆しています。

また、今ある心配事から焦りや不安がうまれ、落ち着きのない慌てた心になっている暗示。

そこで気をつけるべきは、今のままでは「余計な失敗が増えてしまう」可能性があるということです。

夢は、「今は冷静さを大切にして心を整えてほしい」と伝えています。

メッセージを受け取り冷静になることで、余計な失敗を回避でき、抱えた心配事もうまく対処できるかもしれません。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も同じ忘れ物の夢をくりかえすのは、不安が重なり自信を失っている今の状態を警告するメッセージ。

人にバレると大事なものを失ってしまうというような、見られたくない自分の一面に不安を抱えているようです。

隠した一面の正体は、少しでも攻撃されればもろく崩れてしまうような、コンプレックスとプライドを指しています。

ところが、「隠し通そうとする思いが、逆にコンプレックスを肥大化させている」と伝えています。

心の負担を軽くするには、コンプレックスを「弱点」ととらえずに、「ただの自分の一部」と意識する必要があるかもしれません。

RELATED POST