夢占い

数字の夢が暗示する意味って?|ケース別に3つのポイントで診断

【夢占い】数字の夢は吉夢?凶夢?基本的な意味を解説

数字の夢は、ほとんどの場合が吉夢といえるでしょう。数字の夢を見た場合は、運気の上昇を意味しており、自身にこれから起こりうる変化を暗示しているのです。

また、出てきた数字が偶数であれば女性との対人関係、奇数であれば男性との対人関係に変化が起こることを表しています。

異性を表す数字が出てきた場合には、恋愛に関する変化を期待できるでしょう。良い出会いがあったり、意中の相手との仲が進展する可能性があります。同性の数字が出た場合には、仕事や友人関係での良い出会いや、深い関係が築けるでしょう。

ただし、良い印象の夢であれば吉夢ですが、不快な気持ちや悪い印象の夢であれば凶夢です。運気の低下や、自身にとって悪い変化が起こることを暗示しています。

数字の夢を見る心理的な背景とは?

数字の夢は、自身が変化を求めているときに見ることが多い夢といえるでしょう。恋愛での良い出会いを求めていたり、仕事で認められたいという願望が強くなっいたりという心理が隠れている可能性があります。

吉夢であれば良い変化が起こることを暗示しているですが、凶夢であれば要注意です。自身にとって悪い変化が起きてしまうかもしれません。欲は身を滅ぼすといいます。凶夢をきっかけに、自身の行動や心理状態を振り返ってみましょう。

何度も同じ夢をみるのはどんなメッセージ?

何度も数字の夢を見るのは、変化を求める願望がどんどん強くなっていることを表しています。そして、日ごろ積み重ねた努力が実を結び、良い変化が近づいていることを暗示しているのです。

ただし、夢を見たからと結果を盲信して、努力をやめてしまっては良い変化を起こすことはできません。周囲の人達への感謝を忘れず謙虚に行動し、自身ができることをコツコツ続けることが大切です。その積み重ねができれば、更なる運気UPを期待できるでしょう。

RELATED POST